花粉症って治るの?

私の花粉症歴は20年。

子どもの頃は一番好きな季節だった春も、今となっては早く過ぎてほしい季節に他ならない。

眼鏡、マスクはもちろん、通院したこともあるし、漢方薬、点鼻薬、目薬、乳酸菌、甜茶、シソ、良さそうなものは本当にいろいろやってみた。それを一本打てば1シーズン大丈夫、という注射を打ってみたこともある。

そんな年季の入った私の花粉症であるが、ここ数年、完全にではないが、劇的に症状が軽減しているのだ。

確かに、以前は花粉症についての知識がまるでなく、非常に無防備であった、ということもある。今は、2月半ば頃から洗濯物も布団も部屋干し、寝室には空気清浄器を設置している。

けれども、自分自身、どこが転機だったかと考えたら、妊娠、出産だったと思うのだ。そして私はずっと、「子どもを産むと体質変わるって聞いたことあるけど、きっとそのせいなんだな」と思っていた。

ところが昨日、なにげなく Yahoo を見ていたら、「Yahoo 知恵袋」というところに、「花粉症は治るの?」というトピックが出ていた。そしてそれに対してみんなが回答を投稿するのだが、ベストアンサーに選ばれていた回答は非常に興味深かった。

ひどい花粉症に悩まされていた人が、食生活を見直し、改善したところ、ほとんど症状がなくなった、というのである。基本は「マゴハヤサシイ」だそうだ。

私はそれか!と納得してしまった。妊娠、出産が直接的な転機ではなかった。花粉症のことは何も考えていなかったが、私も子どもができたのを機に、食生活にすごく気を遣うようになっていたのだ。

今まで平気で食べていた食品添加物だらけの食べ物をほとんど食べなくなり、買い物をするときは必ず原材料をチェックするようになった。

そして、「らでぃっしゅぼーや」という安全な食材の宅配を始めた。「らでぃっしゅぼーや」は毎週一箱おまかせで種々の野菜や果物が届くシステムになっているのだが、その野菜は一生懸命に食べないと食べきれない位の量で、破棄するのがもったいないから結果的に外食をあまりしなくなった。以前は朝はパンとコーヒーだけ、なんていう日もあったが、今はとにかく食べきりたいのでがんばって何かしら作っている。おまかせ野菜の中には初めて買うような珍しい野菜も時々あり、「どうやって使うのかな?」と調べたりすることでレパートリーも自然に増えてきた。

宅配はけっこう割高なので、始めた頃は月々の食費が非常に心配だった。しかし、結果的には宅配でほとんどまかなえるため、あまりスーパーに行かなくなって、食費が減っていたのである。なぜなら、スーパーというところは非常に魅力的で、行けばついつい余計なものを買っているからだ。

ちょっと話がそれてしまったが、子どもがきっかけで食の安全につとめるようにしてきたわけだが、結果的には自分自身が花粉症の軽減という大きなプレゼントをもらっていたことになる。

餃子の事件などあり、世間的にも食についての意識が高まっているところであると思うが、食事は本当に命を作る基本中の基本であり、自分の体の中に入れるものには自分で責任をとらないといけないんだな、と改めて考えされられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子供に障害があったら

ずっと考えていたのだが、なかなか書けなかったことがある。

それは、私が当事者じゃないからで、当事者の方に読ませたら「お前は実際育ててないからそんなことが言えるんだ」と怒られてしまうかもしれないからだ。

でも、もしそんなお子さんを持っている方がいらしたとしたら、一意見として参考にしていただけるならそれだけでいいと思い、思い切って書いてみることにした。

それは、「もし子供に障害があったら、普通の学校で学ばせるか、養護学校で学ばせるか」ということである。

まず、普通の学校に通わせたいという方は、大前提として、学校側に受け入れる体制が整っているのか、実際に学校へ行って話をよく聞かなくてはならない。

体制、というのは2つある。

身体的に不自由なお子さんの場合にはバリアフリーであるかどうか、など学校の建物そのものをよく見る必要があるが、知的障害児の場合、それらの子を扱い慣れている先生がいるか、ということを必ず聞く。

というのは、今や健常児もそうでない子も一緒に勉強するのがいいのだ、という意見も広く知られるようになり、学校側としては正直困ったな、と思う場合でも来る者は拒まないからだ。

とくに30人も児童がいる教室に、その子を混ぜてしまうと、ただでさえ30人もの児童を一人で見るのは大変であるというのに、気がついたらその子がお客様になってしまっていた、という例も多い。

確かに、そのクラスの子供達にとっては、その子の違いを認めて仲良くしたり、時に手伝ってあげたりする事で、精神的にも大きく成長するきっかけになるに違いないと思う。

しかし、当の本人にとってはどうなのだろうか。

私は、肢体不自由の学校や盲学校、聾学校では働いたことがないので、ここからは知的障害をもつお子さまの話に限らせていただく。その子供達だって、言うまでもないことだが日々成長しており、普通のことさして変わらない発達段階をたどって行くわけである。ただそれが、普通の子の何倍もかかってしまうだけだ。

と言うことは、もちろん、それぞれの発達段階にふさわしい教育内容があるわけで、適切な時期に、適切なことを教えてあげれば、少しずつではあってものびていくのである。

それを、年齢が同じと言うだけで普通学級にいれてしまうのは、6年生の教室に1年生を入れてしまうようなものだ。本人にとってはかなりのストレスになるに違いない。

普通学校から養護学校に転入してくる子供の中には、時々、前校からの申し渡しに、「時々パニックになり乱暴な行動をとるので注意してください。」のようなことが書かれている。

しかし養護学校へ来てしまうと、そんなことはただの一度もなく、本当にいつもニコニコ、温厚な性格の子だった、なんていうこともよくあるのである。

それは、自分のペースで行動できないストレスからきたパニック、ということだ。そういう子供は自己表現が上手ではないので、そんな形で現れてしまったのだ。

もちろんなかには普通学級でも楽しくやっていけることもいるのだが、そんな場合でも子供の様子を長期的に観察して、いらいらしたり、表情が険しくなる、などの様子が見られたら環境を変えることも考えた方がいいと思う。

特に自閉のお子さんは、環境の変化に対応するのは非常に難しい。1時間ごとに国語だ、算数だ、体育だ、というのは苦痛であると想像する。

それでも、一緒に学ばせることには意味があるのか。

こんな考え方もある。

その時はこの子にとっては大変でも、障害のある人が身近にいる/いたと言う人を増やしていくことで、地道ではあるが将来的に社会の目が向くようになり、住みやすい世の中になる。

しかしやはり、我が子が今日、幸せそうな表情をしているほうがいいではないか。

養護学校であれば、一人一人の発達段階にあわせた指導が基本である。児童生徒が理解しやすいように、カリキュラムも帯になっていて、毎日同じだ。また、親御さん同士もよい仲間になれ、親が孤独に悩んでしまうこともない。

そして、これも賛否両論なのだが、普通の学校にいたら、障害を持っている子供は、受け入れてはもらえても、学校の中の中心的な存在にはなれないのだ。たとえば、生徒会、生徒会長、各部活の部長、学級委員長、などというのは無縁で学生時代を終える。

養護学校では、そういう責任のある役割も持たせて経験させることができる。

これに対して異を唱える人の意見はこうだ。

「社会に出たら、絶対にそういう立場になれることはないのだから、そんな自分にスポットが当たるような経験をたくさんさせてしまうとあとでそのギャップに悲しまされる。今から脇役の存在に慣れておいたほうが本人は幸せなんだ。持ち上げたり、誉めたりはしないほうがいい。」

これには少し考えさせられたが、それでも私は一生のうち学生でいられるあいだ位は自分にスポットが当たるような経験をしてもばちはあたらないと思う。

本人に聞かないとわからないことだが、社会に出てつらくなったとき、学生時代の温かい思い出を思い出して、それを心のよりどころにして欲しいと思うのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)