« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

ギンギラクリスマス

クリスマスも終わって、今年も残すところあと2日。

うちもやっとクリスマスツリーを片付けおえたところだ。

それでも我が家はツリーと、子どもと一緒につくったリースがいくつかなので片付けといってもたいしたことないが、家の周りじゅうをイルミネーションで飾ってしまっているお宅はさぞかし大変だろうと思う。

ここ近年、この季節になるとお庭じゅうをギンギラギンにしているお宅が増えた。我が家のご近所でも流行中のようだ。

ちょっぴりアクセントとして楽しむ程度であればほほえましいが、どうしてそこまでするんだろう、という家もかなりある。町の一角が、どの家もギラギラピカピカしていて、舞浜まで行かなくてもエレクトリカルパレードみたいになってしまっているところもある。

10年前くらいに、初めてギンギラのお宅を発見(まさに発見!)したときには本当に驚いて、わざわざ車に乗って友達にも見せたりしていた。でも、今はけっこう普通の光景だ。当時は珍しくて、きれいだな~、と見る方もはしゃいでいたが、でもそれって本当に美しいんだろうか、って最近は思う。

よそのお宅の懐具合をとやかく言って申し訳ないが、かなりの電気代がかかっている、とテレビで言っていた。屋外の電気のために、家の中では極力電気を使わずに薄暗い中で生活している人もいると聞いている。

近所でエレクトリカルパレード状態にしてしまっているところは、はじめは少しだったのにだんだんエスカレートして、近所どうしで無言で張り合っていたり、または反対に自分のところだけやめづらい状況になってしまっているところもあるらしい。

まあ、そこまでは個人の自由なのでほうっておいてくれ、といわれてしまえばそれまでだが、今回どうしても書きたかったのは、その電飾を見るたびに、やっぱり地球の温暖化って、頭では分かっているけど、個人として何かしなくちゃいけない、というレベルではないのかな、というところにすごい危機感を感じるからだ。

もう、お金があるからどれだけ電気を使ってもいい、という時代ではないのだ。東京タワーだって節電してライトアップを制限している。エコの問題に直面したとき、物質的な豊かさを象徴する電飾のきらびやかさは美しいと素直に感じられないものになってしまった。

何年か前、チェコ人の友人が、クリスマスは国に帰りたい、国のクリスマスはそれは美しい、と話していた。どんなクリスマスか聞いたら、各家庭が窓辺にガラス製のオーナメントなどを飾り、ろうそくの火を灯す、といっていた。想像しただけでこころにも日がともるような、あたたかいクリスマスだ。

クリスマスではないが、日を近くして100万人のキャンドル・ナイトという素敵な取り組みもある。うちは子どもが小さく、電気を消す、といったら怖がったのでまだやったことはないが、ろうそくの炎を囲んで世界平和を思い、家族の絆も確かめ合えるようなこのイベントがもっともっと広がっていくといいな、と思っている。

うちの子は私の意見にいつも同調しているので、私がギンギラの家を見て、「ちょっとあれはやり過ぎだよね~」というと「そうだよね~。やり過ぎやり過ぎ。」といっている。でもやっぱり、「ねーねー、やりすぎのうちちょっと見たいな~。」というのが本音らしく、それはそれで子どもらしくてまあ、いいか。と文句をいいながらやり過ぎの家を見に行ったりした今年のクリスマスだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家のプリキュア論争

もうすぐクリスマス。

子ども達へのプレゼントと何にしようかあれこれ悩むのは、毎年面倒くさいけれども、子どもの喜ぶ顔を想像しながらのおもちゃ屋さん巡りは楽しいことでもある。

そんな中、娘に何をプレゼントするかということで我が家でちょっとした論争があった。

それは、私の母(娘にとっては祖母)が娘になにがほしいか尋ねたときのこと。娘は「プリキュアの自転車がほしい。」といったのだった。

実は、プリキュアは私が今一番娘に見せたくないアニメの一つ。

理由は過去の記事でも書いたが、第一に女の子が見るアニメとしてしょっちゅう敵と戦うようなストーリーはふさわしくないと思うこと、第二に、明らかに子どもの購買意欲をかき立てるようなグッズが続々と出てきて、一般の子どもも親もそれに乗せられてしまうような仕掛けが見え見えであることなどである。アニメをみると一見美しい友情などを謳ったりもしているが、結局は自分と立場の違うものは攻撃しようという考え方で、そんなものを幼い頃から肯定するようになってしまったら恐ろしいと思う。

幼い頃に見たアニメは、その子どもの人格の形成に影響を及ぼすので、私は娘に放映時間を知らせていないし、日曜日のその時間は何が別のことをして遊んだりビデオを見せたりして娘がテレビをつけないように必死でごまかしている。

それでも保育園ではどの子もプリキュアが大好きで、娘もその影響を受けているようだ。

すぐさま買ってあげる、という母。ストップをかける私。

私の主張は、母もよく分かってくれるが、みんなが持っているのにうちの娘だけ持っていないのはかわいそう、だという。私の娘だけががまんしてもアニメ界を変えられる訳じゃなし、だったら好きにさせてやればいいじゃないかと。

そうかもしれない。でも、そんな小さな一歩がだんだん大きくなって世の中が変わるんだと私は信じたい。

昔は有機栽培の野菜、無添加の化粧品など、一部のこだわりのある人のみが使っていたものも、だんだんその良さが認められて今では割とどこでも手にはいるようになってきた。

そんな風に、売るがためにテレビアニメを利用し、目新しいものをどんどん製造する会社のものを消費者が選ばないこと。

白黒つけやすくて単純な戦いのシーンより、本当に心を育むようなストーリーのアニメを視聴者が選ぶこと。

小さな働きかけでも、小さな力だからとあきらめてしまっては、何も変わらないと思う。

幼心に、娘は私と母のただならぬ言い合いになんとかしなくては、と思ったらしく、「プリキュアじゃなくてプリンセス(ディズニーの)にする。」と言ってきた。それでとりあえず一件落着。私も胸をなで下ろした。

もう一つ、プリキュアをはじめとする美少女アニメは、一通りのグッズを買わせたらアニメに新しいグッズが登場するか、最終回になって新シリーズが始まることになっている。今年買った自転車は、来年には「新しいのがほしい~。」ってことになるはずだ。ものを大事にする心を育てるのは難しい。

ディズニープリンセスなら、昔も今もずっと愛されてるので、長く乗ってくれると思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »