« 2007年5月 | トップページ | 2007年11月 »

オーストラリア

子どもを連れてオーストラリアに行ってきた。円安でオーストラリア旅行の人気が下がってきてきているところだったので、オフシーズンとはいえ結構お金がかかってしまったが、初めての飛行機や外国に大興奮する姿を見て、連れてきてよかったな、と思った。

私の友人は、子どもの頃、特にお金持ちであった訳ではなかったが時々海外旅行へと連れて行ってもらっていたという。ご両親は子育てに対し本当にしっかりした考えをお持ちで、海外に連れて行っていろいろな文化に触れるという体験をすることが大事で、そのために日頃は貧乏してても全然かまわない、とおっしゃっていたそうだ。友人のその話がずっと心に残っていて、私も娘にはそうしてあげたいと思っている。

娘はもうすぐ4歳だが、あちこち長い距離を歩くのはまだ体力的に無理があり、外出時はベビーカーを利用していた。ベビーカーを押しながらの旅行は大変かと思ったが、全然そんなことはなかった。

なぜならば、駅の階段を上るときも、バスや電車に乗るときも、必ず誰かが声をかけてくれ、一緒にベビーカーを持ち上げてくれたからだ。

時には、私が階段を下りようとしたときに、階段下から「そこで待ってて。」と声をかけられ、わざわざ自分とは反対方向なのにベビーカーを運んでくれた人もいた。

日本にももちろん手を貸してくれる人はいる。でもそれは一部の本当に親切な人だけだ。オーストラリアでは、ほとんど毎回、と言っていいほど、しかもちょっと今時のお兄ちゃん風の人まで気さくに声をかけてくれたのに本当に驚いた。それでいて、たいしたことじゃないよ、といわんばかりに自然に手を貸して颯爽と去っていく。そんなのを体験してしまうと、ああ、つくづく、日本人って冷たいなああ。と思ってしまう。

いくら道徳の授業で「困っている人には親切にしましょう」なんて習っても、全然身についていないってことになる。または、知らない人に親切にしたら「余計なお世話」なんていわれるんじゃないかと思ってせっかくの親切をしないままでいる。全然意味ないのだ。

人に親切にされれば、よほどひねくれた人でない限り誰でもうれしいものだ。もっともっとさりげない親切が当たり前になるような暖かい社会になってほしいと思う。

オーストラリアの人はとっても子どもが好きらしく、どこへ行っても話しかけられ、どこへ行っても人の親切を感じることができた。子どもを連れて行ったことで思わぬ楽しい思い出をたくさん作ることができた。娘に感謝である。

ちなみに、私自身、人生で一番はじめの記憶は4歳の時からだ。母が洗濯をして、私は甘食を食べながら当時の子ども番組「ロンパールーム」を見ていた映像を思い出すことができる。なぜ4歳かわかるかというと、近所のおばさんがきて、「あら、かわいい、いくつになったの?」「4歳。」と言ったことを覚えているからだ。それで、この旅行も、娘はずっとおぼえててくれるかな、という期待を込めて今年行くことにした。節約してがんばって行った海外だから、ずっとおぼえててほしいな。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年11月 »