« 2007年1月 | トップページ | 2007年8月 »

運動会も変わった・・・

4月から新しい学校に赴任になった。

普通の小学校は久々だったのだが、子ども達はやはりかわいく、子どもらしい感じがした。

しかし、「あれ?子どもの様子が随分ちがうな」と思ったのは、先日行われた運動会の練習の際だった。

子ども達は、個人種目、団体種目、ダンスなど、どの学年もだいたい3種目くらいに出場し、そのための練習が毎日行われていた。

その様子を見ていると、とにかくみんな先生の話が聞けないので驚いた。

入場の手順やゲームの説明、ダンスの振り付けなど、先生たちが一生懸命に説明されているのに、まるで自分には関係ないかのように友達と話し始める。

当然わからず、何度もやり直しをさせられて文句を言っている。

聞いていればすぐすむんだけどな・・・ということにいつまでも気づかない。

子ども達に悪気がある様子もないのだが、

ここはビシッとやろう、とか、上手にできることがうれしい、という雰囲気はあまり感じられなかった。

小学校の先生達も、「昔はビシッとできないと何回もやり直しをさせたりしてたんだけど、今はそういうことを求めないんだよね。楽しい運動会をしましょう、っていう感じに変わってきているから・・・・」とおっしゃっていた。

でも、私はこの練習風景をみてなんか怖いものを感じてしまった。

小学校のころ、「体育って何のためにするの?」という児童の問いに、

先生は「健康のため、そして自分の身を守るためだ」と教えてくださった。

この子ども達は、こんなに人の話が聞けなくて、周りの様子を見て判断して行動できなくて、もしも災害などが起きたら無事に避難できるのだろうか?

運動会の本番はさすがにお客さんもたくさんきてくださり、かっこいいところを見せたいと子ども達も張り切っていたので結果としていい運動会だった、ということになったのだろうが、運動会は日頃の体育学習の発表の場だ。そのときだけよければすべてよかった、ということにしてよいのだろうか。

災害は忘れた頃にやってくる。

ニュースで時々大きな地震が報じられると、私はいつも今子どもが学校にいる時間かな、ということが気になる。そんな時に子ども達を無事に避難させなくてはならない先生方の責任は非常に大きなものがある。非常時にこんなに統制のとれない子ども達だったら、彼らを無事に避難させられるかどうか。正直、自分は、といわれると自信がなくなってしまう。

いまや体育だけでなく、というか、体育でさえも子どもにそれほど厳しいことを言わなくなってしまった。訓練、というと聞こえは悪いのかもしれないが、子どもの命を守るという意味では、ある程度は日頃からの練習が必要であると思わされた運動会だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年8月 »