« ネットカフェで殺し合い | トップページ | 言葉の力 »

お寿司なしで生きられる?

日本人はお寿司が大好き。たくさん並んでいると、どれにするか迷ってしまう。

一番好きなのは?大トロ?やっぱりトロは人気者だ。

でも、その大トロは食べてはいけない。マグロには水銀メチルが多くふくまれていのだ。

何年か前に、魚に含まれる水銀についての記事が新聞やテレビを賑わわせた。

そのとき話題になったのは金目鯛やメカジキだったが、政府は日本人がもっとも好むマグロについてはほとんど取り上げなかった。

実はマグロの水銀含有量は金目鯛などよりも多いのだ。

政府は国民が大好きなマグロについては真実を語らず、水銀含有量をHP上で参照できるようにしたことで国民に知らせる義務は果たした、と言っているのだ。ずるい。

水銀といえば、あの水俣病を引き起こしたことで有名。

水銀が海や川に流れ出し、それを小さい魚が食べる、それを中くらいの魚が食べる、それをまた大きい魚が食べる。

食べられる度に水銀はより大きい魚の体内に蓄積されていく。だから体の大きい魚ほど危険というわけだ。

体の大きい魚を好む日本人は、水銀の体内濃度がすでに世界一なのである。

それだけではない。

恐ろしいことに、母の体内にある水銀は、出産によって子供の体内へと移動する。

日本人の子供は産まれながらにして体内に水銀をもっているのだ。

政府はお茶を濁して「食べないようにしましょう」くらいのいい方をしたが、ヨーロッパではきっぱり「食べてはいけない魚」のリストにはいっていて、政府も国民に注意を呼びかけている。

政府が一番大好きなのは生産者の利益で、国民の命はなんとも思っていないのか。

いつもながら対応のまずさに腹が立つ。

幸い、私は妊娠前からずっとオーストラリアにいたため、寿司や刺身はほとんど口にしなかった。

でも日本にいたら、私も確実に食べていたはず。

今私は大型の魚に注意をし、寿司、刺身、シーチキンもあまり食べないようにしている。

でも、魚が大好きな父は、「そんなことを言っては何も食べられない。第一、好きな物を食べられないくらいなら早死にしてもいい」くらいのことをいっている。

このように事態を軽視しているひとはかなり多いのではないかと思うが、それは国がその辺の真実をきっぱり言ってくれないせいだと思う。

できれば隠していたいんだけど、いよいよ言わなくてはいけなくなってしまったから、国民を動揺させないように、いや、国民の非難を浴びないように、オブラートに包んで言っている。

そんなことばかりしているからなにを言われてもそのまま信じる気にはとてもなれない。

安心して暮らせる世の中にはなかなかならないものである。

|

« ネットカフェで殺し合い | トップページ | 言葉の力 »

「環境」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

「食育」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!今年初めておじゃま致します。どうぞ、今年も宜しくお願いします。

以前、金目鯛とかに水銀が多く含まれているとTV番組で見ましたが、まぐろが一番多いんですね...
一昨日、食べました...確か、その番組では水銀を体内から外へ出す方法(食材かな?)をやっていたと思いますが...忘れてしまいました。ダメですね...

ヨーロッパでは体に良くない物を国民に教えるのに、日本では教えない(られない!?)のはどうしてでしょうね...?色々と人を騙すような事、国、嫌ですね...(今、耐震偽造の証人喚問をTVでやっています...)

投稿: pipicopico | 2006年1月17日 (火) 15時45分

pipicopicoさん,こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。

政府が情報を明らかにしなかったためにことが重大になってしまった事件って、いくつも思い出すことができますよね。
そのたびにまたか、って思わされる。

全然反省しない国ですよね・・・・。

投稿: えくぼ | 2006年1月18日 (水) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142708/8135374

この記事へのトラックバック一覧です: お寿司なしで生きられる?:

« ネットカフェで殺し合い | トップページ | 言葉の力 »